前へ
次へ

家族葬が抱えているデメリット

家族葬には、メリットとともにデメリットもあります。
まず、弔問応対の負担が増えることがあげられます。
家族葬は参列する者が多くないため、終了した後も、弔問に来る人がいる可能性もあります。
いちいち、遺族は返礼品を準備して、弔問者を迎えることが求められます。
弔問者はめいめいに訪れることから、葬儀後も対応が続くことが考えられます。
また、たくさんの人の理解が求められます。
家族葬は、親族、知人のみで偲ぶこととなります。
これまでの葬儀は親族、あるいは友人知人に限らず、近所の方や縁があった方に参列してもらうことが、供養になるとされていました。
参列する者が非常に多いことが、悼むことにむすびついていました。
その上、葬儀でお別れが叶わなかったと悔やむ方もいることがあり得ます。
家族葬の実行は、その意図をたくさんの人にシェアすることが求められます。
ですから、理解者が多く必要になるということになります。

Page Top