前へ
次へ

家族葬を執り行う利点

家族葬は参列する者が少なくて済むことから、たくさんのいいところがあります。
まず、費用を減らすことができることがあげられます。
利点で最も大きいのは、必要となる費用を少なくできるということになります。
家族葬は小さいスケールが小さい葬儀ですから、セレモニーホールの費用についてもセーブすることができます。
それに加えて、標準的な葬儀ではコストに加えて、参列する者の飲食費あるいは返礼品にたくさんのコストがどうしてもかかってしまいます。
その点、家族葬は参列する者が限られることから、飲食費、あるいは返礼品のコストも抑止することができます。
さらに、少人数でゆったりとお別れすることができるのもメリットです。
参列する者が親族や、あるいは知人に限定されるため、義理や付き合いだけの参列する者に気配りをすることが要求されず、焼香の時間並びに順番に煩わされることもあり得ません。
そのお陰で、少人数で穏やかにお別れできる利点があります。

Page Top